キャンサーフラ体験談(2)

キャンサーフラを始めたサバイバーさんたちに5つの質問に答えていただくシリーズ「私のストーリー」です。

1.ご年齢

50代、術後1年10ヶ月して体験レッスンに参加

2.癌の部位

左乳がん、手術にて全摘、ゾラデックス注射2年半 、ホルモン治療内服

再発→左リンパ、手術にてリンパ切除、化学療法、ホルモン治療内服

3.フラ始める前の不安

クラスに馴染めるだろうか? レッスンについていかれるだろうか?

4.フラを始めて変わったこと

仲間に出会い、病気で辛いのは自分だけじゃないと気づきました。

パウを履いて踊ることがとても楽しく、病気になった自分をマイナスに捉えることがなくなりまし た  。

 笑顔も戻り、仲間からも「明るくなったね」と言わ れました。

5.キャンサーフラを薦める理由

再発した時はとてもショックでしたが、「元気になってまたフラを踊る」と強く思うことで、リハビリもがんばることができました。

体調に合わせて無理なく参加できますし、上手く 踊れなくてもパウを履けば気分はフラダンサー心も体も元気になりますよ。

休憩時間は仲間とのお喋りタイム!病気への不安や悩みなどは同じ病気の仲間と話すのが一番です。

それぞれの治療、それぞれの副作用ですが、仲間の声を聞くと安心できます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email